2017年01月12日

第2回見学会 開催報告(2016年10月7日)

 東北支部(支部長 燈明 泰成・東北大学)は平成28年10月7日(金)に、見学会を開催しました。 前日から仙台で行われていた秋季講演大会後の開催となり、全国各地からの参加者17名にて市内2か所の見学へと出発しました。

ニッカウヰスキー 講演大会の会場から貸切バスで30分程で、最初の見学先「ニッカウヰスキー宮城峡蒸留所」に到着です。
 「自然を大切にしなければおいしいウィスキーはつくれない」という創業者・竹鶴政孝(マッサン)の想いから、電線は地下に埋設し、地形や樹木を最大限に守り設計された敷地内は、当日の青空に映える赤レンガ造りの建物と相まって、ちょっと海外に来た雰囲気です。

 ガイドさんの説明を聞きながら、まずは仕込棟や蒸留棟を見学。ここでは生暖かい空気の中に甘くていい香りが漂っています。これは麦芽が糖化している香りで、この糖がアルコールに変わるのですね。
 貯蔵庫では、焼き入れされた樽のサンプルや、熟成年数(1年・5年・12年)による香りの差異を体験できるサンプルもあり、年月によって色や香りが変化していく様子を確かめることができます。

massan.JPG そして最後のお待ちかね!ゲストハウスでの試飲とショッピングタイムです。
 仙台在住の私、以前にも来たことはあるのですが、毎度車だったため試飲は初めてなのです。
 今回は「宮城峡、竹鶴、アップルワイン」の3種をいただきました。これまでウィスキーにはあまり手を出してこなかったのですが、おいしいですねー。皆さんがお土産にと2〜3本購入している最中に、思わず隣接の有料テイスティングコーナーまで行ってしまいました。
 最後はマッサン、リタと一緒に写真を撮ってから、次の見学先へ移動します。


瑞鳳殿 2か所目の見学先「瑞鳳殿」は、独眼竜政宗で知られる伊達政宗公の霊屋(墓所)です。さすが伊達男の由来と言われる政宗公、墓所という言葉のイメージからは想像のつかない、黒壁に色鮮やかな家紋や装飾映える豪華絢爛な桃山様式の建物でした。
 ちなみに現在の瑞鳳殿は、戦災で焼失してしまった後に再建されたものですが、その再建時に発掘調査が行われ、多くの遺骨や埋葬品が発見されたそうです。 そして出土した遺骨などでDNA鑑定が行われ、伊達政宗は日本の歴史上の人物で初めてDNA鑑定を受けた人になったそうです。血液型や死因まで分かっているんですって。


樹齢380年の杉並木 その後、雰囲気あふれる樹齢380年の杉並木を通りながら二代目、三代目の眠る感仙殿、善応殿をまわり、仙台駅にて解散となりました。

 今回は講演大会後の開催という事で、全国からの参加者とご一緒できる、楽しい1日となりました。最後に、お世話になりましたガイドさん他に心より感謝お礼申し上げ、ご報告とさせていただきます。
(文責:東北支部 星)
posted by JSNDI東北支部 at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 見学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

見学会 開催報告(2016年8月19日)

 東北支部(支部長 燈明 泰成・東北大学)は平成28年8月19日(金)に、宮城県石巻市の石巻港雲雀野中央埠頭に寄港した地球深部探査船「ちきゅう」を、産学官より15名の参加者と共に「第1回見学会」として船内見学をさせて頂きました。
 当日は快晴かつ夏日で、気持ちの良い青空の下、仙台駅から貸切バスにて出発しました。
 実は今回、諸事情により直前のご案内となり、わずか10日間という大変短い募集期間を経ての開催となったのですが、そんな中仕事の調整をして時間を作り、ご参加くださった皆様は「ちきゅう」にもともと興味がおありだったようで、「今朝青森から車で来て石巻で見学会、その後は東京へ向かいます」なんていう強者もいらっしゃいました。

 約1時間ほどの道中を経て石巻港に着くと、青空に映える白い「ちきゅう」が遠くからでもよく見えました。圧巻です。船体と一緒に集合写真をとも思ったのですが、人を入れると船が全く入りません。船の前方だけでもと思っても、今度は人の顔など見えません。全長210mは伊達じゃない…。

 ところで私、いつもは普通にヒールとスカートで参加するのですが、今回は安全のためご遠慮くださいとの事前注意があったので、「なんか今日小さいね」とか言われながらもフラットシューズで参りました。そして船内へと昇る階段で、もうヒールじゃなくてよかったと実感。ビルの2階分はあろうかという階段が、幅も奥行きも狭いしなんか丸くて怖いし、その後の通路も網アミだし…。船は全然揺れないのですが(これだけ大きいと感じないらしい)、やはり地上とはいろいろ違うのですね。


船橋  この「ちきゅう」は、世界各国が参加する深海掘削計画の主力船として、巨大地震の謎や生命の起源、地球の歴史の観測などを行い、最終的にはマントルの謎を解明するのが目的なんだそう。
 そんな説明と共に、船内ではまず船長に船橋をご案内いただきます。
 航行をコントロールするお部屋で、深い所では7km(!)にも及ぶ海底へと続くパイプが破損しないように、船を自動的に一定の位置に保つ「船位保持システム」や、その動きを司る「アジマススラスタ」(船底にある大きなプロペラ)を制御しています。
 一見するとビル内の非常にハイテクなコントロールルームといった感じで、「面舵いっぱーい!」なんて雰囲気は皆無です。ちょっと残念…。

 続いてヘリデッキへ。数か月以上に及ぶ乗船勤務の途中にある乗組員の交代は、ヘリコプターで送迎されるそうです。ヘリで出勤なんてかっこいいなーとか思いつつ、ここでやっと念願の集合写真を。やはり証拠は必要ですからね。

集合写真 ドリルビット.JPG

 その後も船の中央部分から海底へと続くムーンプール(ここからパイプを下していくそう)を眺めながら、実際のドリルビットを拝見したり、研究区画で海底から採取されたコア試料がどのような研究をされるのかなど、大変興味深いお話を伺いました。
 海底の掘削孔に機器を入れる際など「例えば18階建てのビルの屋上から、φ1mmの針金をたらし、地上のφ4mmの穴に入れるのと同じよう」だという作業の難しさや、細長いパイプから出てくるコア試料の部位を巡って、各国の研究者がバトルの末、お子様ランチのように国旗付つまようじが乱立する様など、まるで目に見えるようでした。

 船内の病院顔負けな検査機器も拝見しながら、X線や超音波などなど、非破壊もたくさん活用されていることに感銘を受けつつも、今回の見学で一番驚いたのは、4週間の乗船勤務の後は4週間の休暇というそのステキな勤務体系でした。4週間てアナタ!
 でも「ちきゅう」は完全なドライシップで、つまり4週間禁酒という日々だそうで、うーん…やっぱムリかも…。

ムーンプール core.JPG

  直前の地震や台風接近にハラハラしておりましたが、最終的には天気にも恵まれ、滅多にない船内見学の機会を満喫した一日となりました。最後に、今回の見学でお世話になりましたJAMSTEC(国立研究開発法人海洋研究開発機構)の皆様と、石巻寄港の予定をいち早くお知らせくださった同機構の五十嵐 智秋さんに心より感謝お礼申し上げます。
(文責:東北支部 星)
posted by JSNDI東北支部 at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 見学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

第4回 支部会・講演会 開催報告(2016年4月22日)

 東北支部(支部長 燈明泰成・東北大学)は平成28年4月22日(金)に、仙台市青葉区のエル・パーク仙台にて産学官より45 名の参加者と共に「第4 回 支部会・講演会」を開催しました。

 一般講演は中居倫夫幹事が座長となり行われました。はじめに池ヶ谷靖氏((株)ジャスト)より「既存鉄骨溶接部の調査へのフェーズドアレイUT の適用」と題した発表が行われ、フェーズドアレイの溶接欠陥の高さ測定の実構造への適用例等を交え説明がなされました。その後、寺島 脩氏(東北大学)より「音波の反射係数の周波数依存性を利用した水温測定の検討」、片桐拓也氏(東北大学)より「マイクロ波を用いた配管内軸方向割れ探傷のためのTE モード発振入射部構造の検討」、中島和洋氏(東北大学)より「渦電流試験法を用いたロケッ
トエンジン燃焼室銅合金における亀裂サイジングのための信号処理法の検討」、水科拓己氏(弘前大学)より「折れ曲がり形状を有する微細電子配線の損傷しきい電流密度の評価」、小原良和氏(東北大学)より「表面波フェーズドアレイを用いた表面欠陥の広範囲映像化」と、合計6 件の研究発表がなされ、いずれも興味深い内容で活発な討論が行われました。

 支部会は三原 毅幹事の司会で行われました。はじめに燈明支部長から、「熊本県の地震での犠牲者に哀悼の意を示し、被災された方の安全・安心をお祈り申し上げます。我々も東日本大震災の時は幹事の方が被災するなど支部存続が危ぶまれましたが、昨年はお蔭様で30 周年を迎える事が出来、さらに今年はたくさんの方に参加して頂き、震災以前よりも活発になってきました。本年度もよろしくお願いしたい」との挨拶がありました。

その後表彰、議題、役員紹介が行われました。表彰では高橋晴義選考委員長((株)仙都計器)から表彰者の推薦説明があり、島田賞に今年の2月にご逝去されました故松田 輝雄氏(正和工業(株))が受賞されました。島田賞は東北地方において、非破壊検査に関する学問・学術または技術に顕著な功績があった会員が表彰されるもので、日本非破壊検査協会・元会長 故島田 平八氏(東北大学名誉教授)によって創設されたものです。
DSC_0040.jpg
 
 奨励賞には一般講演者から選ばれた中島 和洋氏(東北大学)が表彰されました。また、幹事就任から25 年間、講習会の講師として活躍され昨年度で講師を退任された渡辺 稔先生(東北職業能力開発大学校)に感謝状が送られました。
続いて議題に移り、燈明支部長より平成27 年度事業報告・決算報告,平成28 年度事業計画・予算について説明がされ、会場での異議がなく了解を頂きました。最後に燈明支部長より平成28 年度の役員紹介がなされ、本年度も活発に活動する事を確認しました。

DSC_0004.jpg
 
 
 同時に会場内では、宮城県産業技術総合センターにて新規導入された東芝電力検査サービス(株)の3D 超音波検査装置の機器展示が行われており、講演内容ともリンクした装置の実演が参加者の興味を引いていました。
 
 
 
 
 特別講演は燈明支部長が座長となり行われ、東北大学の祖山 均教授より「機械的表面改質による表面力学設計と非破壊評価−泡で金属をたたいて強くする−」のテーマでご講演を頂きました。機械的表面改質による力学的諸特性の向上に期待できるキャビテーション(気泡)によるキャビテーションピーニングの内容説明や、実際の実用例なども紹介があり、スプーンなどの試験片を見ながら、分かりやすく解説して頂きました。多くの業界に応用されており、身近であり大変興味深く聞かせて頂きました。
  
DSC_0043.jpg  DSC_0049.jpg

 続く懇親会は大塚亮裕幹事の司会進行で行われました。乾杯の音頭を高野康博氏((資)高野)で始まり、業界の違いを超え意見交換を行い、楽しく和やかに有意義な時間を過ごす事が出来ました。

(文責:東北鉄骨橋梁(株) 高橋 順一)
posted by JSNDI東北支部 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 支部会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。