2014年10月21日

見学会・講演会 開催報告(2014年10月3日)

 (一社)日本非破壊検査協会 東北支部の「見学会・講演会」が平成26年10月3日(金)に行われました。見学会として、アイリスオーヤマ(株)角田I.T.P./角田工場を見学させていただくと共に、同社会議室をお借りして、四塚勝久氏(エフティーエス(株))により「最新非破壊検査機器の紹介 残留応力検出機(Metal Magnetic Memory Method法)」、鈴木真由美氏(アイリスオーヤマ(株))により「アイリスオーヤマにおける応用研究部の役割」の講演を賜りました。

iris1.jpg     iris2.jpg
講演する四塚氏                  鈴木氏     


 今回見学したアイリスオーヤマ(株)角田I.T.P./角田工場は、東北自動車道の岩沼インターを降りて、宮城県の桜の名所でもある「白石川堤の一目千本 桜」に程近い自然豊かな場所にあります。10万坪規模の施設で、研究開発部門・工場および福利厚生施設などが一体となっています。
 見学当日、製造ラインは休日と重なり、実際の製造状況は拝見出来ませんでしたが、製造ラインを案内してくださった、広報室の波多野様が私達の質問へ丁寧に答えていただき、製造ラインが稼働している時の状況を思い浮かべることができました。製造ラインの装置の大きさ・自動倉庫内を無人でパレットが管理されている様子は圧巻でした。

 引き続き、同工場内の試験評価センターへと場所を移し、私達が普段、身近に使っている製品(同社)の検査や耐久性試験、化学・技術の研究開発等を行う様子を拝見。見学会の参加者には非破壊検査の関係者も多く、検査を通じて安全・安心な品質を提供する取り組みを目の当たりにすることができ、大変勉強になりました。

iris3.JPG   iris4.JPG

 工場見学に引き続き、先に講演された四塚氏は、残留応力(応力集中部)をポータブル検査機で検出する技術を紹介されました。測定する際の前段取り(ペンキ剥がし等)が必要なく、また、測定対象物に応じて様々なスキャンユニットのタイプがあり、新技術の今後について講演いただきました。
 鈴木氏の講演では、新商品開発・多種多様な商品に対して関係部署が同じ情報を共有し、垣根のない環境にて様々なニーズに応えていく、会社全体が一丸となって取り組む姿勢が大変興味深い講演となりました。
 最後に、今回の工場見学でお世話になりましたアイリスオーヤマ(株)角田I.T.P./角田工場の皆様方に、心より感謝御礼申し上げます。
(文責:仙台検査(株) 伊藤剛)
posted by JSNDI東北支部 at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 見学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。