2013年04月26日

平成25年度 東北支部会・講演会 (2013年 4月 26日)

 東北支部の支部会・講演会は平成25年4月26日(金)仙台市青葉区の青年文化センターで開催されました。昨春の一般社団法人への移行に伴い,これまでの支部総会から衣替えした,記念すべき第一回目の開催でした。
今年の仙台は,桜が満開の時に雪が積もるなど,春になっても寒い日が続いていました。この日も小雨が降って肌寒い日でしたが,それにもかかわらず,支部会・講演会には45名の方々に参加していただきました。

 支部会では,最初に木村武美 支部長(溶接検査(株)社長)から開会の挨拶があり,その後,表彰,平成24年度事業報告・決算報告,平成25年度事業計画・予算,そして,平成25年度役員紹介が行われました。


 今年の支部表彰は,伊藤剛 氏(仙台検査(株))が奨励賞を受賞しました。本賞は,非破壊検査技術の普及と振興に貢献することが大いに期待される会員に授与される賞です。推薦者は東北支部幹事である,東北職業能力開発大学校の渡辺稔 先生で、表彰状は木村 支部長から手渡されました。

 事業報告・事業計画では,燈明 副支部長から,東北支部の新しい試みであるUT競技会(7月開催予定)のアナウンスがあった他,東北支部の歴史の紹介がありました。東北支部の前身は,平成4年に設立された「東北非破壊検査研究会」で,故伊達和博 教授(東北大)が講習会と研究発表会を中心に活動を始めたのがはじまりでした。その後,平成17年に東北支部となり現在に至っています。今回,配布された会議資料に,研究会の設立当初から運営に携わっていた高橋忠雄 氏から,東北支部の歴史についての投稿を頂き掲載しました。

平成25年度の東北支部役員は,


支部長 木村 武美(溶接検査(株))
副支部長 燈明 泰成(東北大学大学院工学研究科)
幹事 虻川 堅悦(東光鉄工(株))他9名
の陣容で運営されることになり,支部会で紹介されました。

 講演会では,2件の特別講演を頂きました。
 1件目の特別講演は,弘前大学大学院の笹川和彦 教授による「微細電子配線の安全性評価と生体の応力評価」です。笹川先生の研究は,LSIなど電子デバイスの電気配線が,電流の流れで細くなり断線するエレクトロマイグレーション損傷の寿命予測の研究と,人工関節や義足,骨折した人に用いる装具などの機能評価を,これに使う生体計測用圧力センサも自前で開発しながらの研究などです。講演では,コンピュータシミュレーションや微小センサを使って,電子デバイスや医療分野の評価・測定を行う最先端の研究を紹介して下さいました。


 特別講演の2件目は,高知工業高等専門学校の寺田 幸博 教授による「GPS津波計・波浪計・潮位計の開発について −産学官イノベーション創出の視点−」です。寺田先生は,海上に浮揚するブイで,GPSの高精度な位置情報を利用した,津波・波浪・潮位を観測するシステムを開発なされました。東日本大震災の際は,東日本の太平洋岸に設置されたGPS波浪計が,津波データをリアルタイムで気象庁に伝えるなど,津波や台風などの防災にこのシステムを活用する研究を行っています。今回の講演では,開発の苦労話から東日本大震災で大津波警報の根拠になった実測データまで,ご紹介頂きながらの講演でした。

 その後の製品紹介は2件。東光鉄工(株)の虻川 堅悦 氏には軽量高強度で柱・梁がなくても3mの積雪に耐えられるという「TOKOドーム」を,南極昭和基地での写真などを交えながらの紹介,富士フィルムビジネスサプライ(株)の土肥 幸児 氏には「デジタルX線画像システムFCR DynamIx HR2」をご紹介頂きました。手差しIPシステム、走査権限管理機能対応システムなどの新機能による利便性の向上や、航空機部品からセラミックス複合材製造、パイプライン保全他と広範な分野に及ぶ適用マーケットについてなどの説明がありました。

 講演会の後は,仙台市内の懇親会場に移動して酒を酌み交わしながら親睦を深めました。

 

(文責:宮城県産業技術総合センター 中居倫夫)

posted by JSNDI東北支部 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 支部会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

見学会・講演会 開催報告(2012年11月9日)

 平成24年11月9日に、東北支部では見学会としてJAXA角田宇宙センター(角田市君萱字小金沢1)に伺いました。さらに、同施設内の講演会場をお借りして、森谷信一氏(JAXA角田宇宙センター)により「燃焼器の非破壊検査技術に関して」、高田一氏により(JFEテクノリサーチ梶j「鉄鋼製品の最新高速検査技術のレビューと今後発展が期待されるドライ超音波技術のご紹介」の講演を賜りました。
 参加人数32名と大盛況に終えることができた見学会・講演会ですが、この見学会にフィンランドの大学(HMUAS: ヘルシンキメトロポリア応用科学大学)からの交換留学生も参加し、日本のロケットの最先端に触れて喜んでいました。


 先に講演された森谷信一氏は、ロケットエンジンの冷却装置の安全性の計測を行うにあたり、1つのポリシーを持って取り組んでいました。エンジンを取り外すことなく、設置された状態で検査を行う。このために、レザーと超音波を融合させマルチ周波数解析による欠陥の可視化技術を実現されました。

 

 高田氏の講演では、リニアアレイプローブを用いた薄板内部小欠陥のオンライン検出技術のとして、φ20μmの欠陥検出が可能となるように、リニアアレイプローブからの 送信方法をこれまでの電子収束ではなく、同時送受波とディジタル信号処理を用いてパラレル受波ニードルビーム超音波装置の紹介、ドライ超音波映像装置の今後について講演いただきました。


 その後、敷地内の各施設へとバス移動し、巨大な高温衝撃風洞や極低温インデューサ試験施設、一般展示室を見学させていただきました。高温衝撃風洞では、大気圏突入時の実験シミュレーション時のスケールダウンによる発生熱量、衝撃波の実現のために、こうした設備が必要であり、唯一オブジェクトを自然落下させて実験が可能であることなどを説明いただきました。

 一般展示では、実際に爆発事故により破壊されたエンジンや燃焼系の紹介など、貴重な展示物を間近に見る事ができました。他にも構想中のラムダジェットエンジン搭載のシャトルなども見学することができ、少年時代抱いていた宇宙への夢をひと時思い出すことができた一日でした。

(文責:仙台高等専門学校 矢島 邦昭)

posted by JSNDI東北支部 at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 見学会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

平成24年度東北支部 臨時総会・説明会・講演会(2012年3月2日)

 日本非破壊検査協会東北支部(支部長木村武美・溶接検査且ミ長)は、3月2日(金)仙台市青葉区の仙台市戦災復興記念館で、「臨時総会・説明会・講演会」を開催いたしました。

 木村支部長から開会の挨拶があり、その後、表彰が行われました。佐々木博選考委員長(東日本検査且ミ長)から表彰者の推薦説明があり、島田賞に山口道雄氏(㈶山形県産業技術振興機構)が表彰されました。本賞は、東北地方において、非破壊検査に関する学問・学術または、技術に特に顕著な功績があった会員に表彰されるもので、日本非破壊検査協会・元会長 島田平八氏(東北大学名誉教授)によって創設されたものです。





(山口氏、細谷地氏、矢島氏)




 また、若手会員を対象として、非破壊検査関係に他の模範となる活動と今後の非破壊検査技術の普及と振興に貢献することが大いに期待される会員に贈られる奨励賞には、細谷地直也氏(東北金属検査梶jに授与されました。

 特別功績賞には、矢島邦照氏(仙台高等専門学校)が表彰されました。矢島氏は、特に小中学生らを対象として仙台市で開催した非破壊検査のイベント「ノンディの世界」にて、独特のアイデアと活動にて多大なる貢献をし、イベントを成功に導き、その素晴らしい企画力と貢献度に対し特別功績賞が授与されたものです。



 臨時総会では、松田輝夫幹事(正和工業轄H場長)が、議長を務め議事を進めました。支部長から、事業報告、決算報告ならびに平成24年度事業計画(案)、予算(案)の提案説明がされました。議案について審議され、満場一致で可決されました。平成24年度に向けて、さらに活発に活動されることを出席者一同確認しました。

 説明会においては、一般社団法人化に向けての本部の考え方や今後の進め方について、竹中庶務理事から説明がなされました。



 講演会では、島田賞を受賞された山口道雄氏が「非破壊検査とともに37年」として、非破壊検査と溶接技術の取組みのいきさつと活動の取組みの苦労、目標の設定及び目標の設定のためのスキルアップ、自分自身の取組みだけでなく、東北地区全般での活動及び山形県超音波探傷技術研究会の発足と年間活動の様子等について話してくれました。



 特別講演は、福島大学の小沢善仁教授が「福島大学における福島第一原子力発電所事故後の取組みと先端複合材料システムの開発研究について」のテーマで、東日本大震災の影響を受けて、福島大学では東日本災害総合支援ポロジェクトを立ち上げており、現時点における、農業と食の安全及び風評被害について研究した成果を報告され、併せて福島の元気な農業を復活させ、さらに次世代に向けた農業創造の必要性について話されました。



 同じく福島大学の高原円准教授が「小児の睡眠時間歯ぎしりに影響するストレス要因に関する研究」のテーマについてお話しいただきました。各々の大変興味深いご講演に、その後は閉会時間となるまで活発な質疑応答がなされました。



(東北支部幹事・渡辺 稔)

posted by JSNDI東北支部 at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 支部会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。